フィラリア予防薬を買うにあたり気をつけたい2つの事

フィラリア薬を選ぶ2つのポイント 

 

フィラリア予防薬を購入した方で「こうしておけば良かった」という失敗経験は

 

・ペットがフィラリア予防薬を食べなかった
・動物病院でフィラリア予防薬を処方箋として受け取ったが、輸入品の方を使えば約半分の費用ですんだ

 

といったこと

 

 

 

フィラリア予防薬は「注射型」「錠剤型」「ピュアブル型」「滴下型」の4種類があります。

 

【錠剤型】
ペットが好きな食べ物に含めて食べさせるか、手で与えて服用させることになります。錠剤を嫌がらなければ管理が手軽ですのでおすすめになります。

 

【チュアブル型】
ビーフ味、チキン味、ミルク味といった色んなタイプの味が販売されており、おやつを食べる感覚で服用できます。薬という感覚をペットに与えないため、ペットが服用を嫌がるような事はありません。一番人気商品です。

 

【滴下型】
錠剤型、チュアブル型といった食べる系が苦手なペット向けになります。

 

【注射型】
動物病院で接種する注射になります。効果は半年と1年の2種類ありますが、1年効果のある注射の方がコスパが高いので人気です。

 

 

「注射型」「錠剤型」「ピュアブル型」「滴下型」価格比較表

  輸入チュアブル型(6回) チュアブル型(6回) 注射(1年) 滴下型(6回) 錠剤型(6回)
小型犬 2,400円〜3,400円 4,200円〜6,200円 4,900円〜6,900円 8,000円〜10,000円 4,000円〜6,000円
中型犬 2,700円〜3,700円 6,200円〜8,700円 6,900円〜9,900円 10,000円〜13,000円 6,000円〜8,000円
大型犬 2,900円〜3,900円 8,700円〜11,000円 9,900円〜12,000円 13,000円〜15,000円 8,000円〜10,000円
診察費

x

 

 

コスト面を考慮すると、輸入チュアフル型が最安となります。何年も使い続けることを考えると、コスト面の事も無視できません。

 

こういった感じで「ペットが嫌がる可能性が低い」「コストが安い」といったメリットにより海外輸入チュアブル品を利用する飼い主の方が増加傾向にあります。

 

 

輸入チュアブル型フィラリアの薬はどこで買えるのでしょうか

日本以外の国ではスーパーやドラッグストアで売られています。

 

日本では処方箋しか認められていませんが、個人輸入が認めら海外から取り寄せることができるようになりました。アンバランスな状態ではありますが、安心をとるのであれば動物病院での診察となりますし、価格面でのメリットをとるのであれば半額以下に抑えられる海外輸入がお得になります。

 

海外輸入元は主にシンガポール、米国となります。日本人が現地に行き日本人スタッフが対応しており、現地で商品を仕入れ注文が入ればにほんの購入者の方宛直送しています。
販売形態はネットショップだけになります。
お客様対応の電話対応は国内コールセンターが対応しています。私も実際に問い合わせてみましたが親切丁寧で商品知識も十分あります。商品破損などにもきちんと対応してくれます。

 

 

海外ショップを利用するにあたり、購入者がきになることをまとめてみました。

 

海外からだと送料が高いのでは?

日本から送付するのと同じくらいに設定されています。○○○○円以上で送料無料としているショップもあります。

届くまで日数がかかるのではないでしょうか?

通関などもあり1週間程度かかります。

海外ショップは信頼できるのでしょうか?

日本法人が現地に会社を設立していますので日本人が対応してくれます。電話問い合わせでいろいろと質問してみましたが丁寧な応対でした。

犬のフィラリア予防薬 −売れ筋順−

ストロングハートチュアブル概要

ストロングハートチュアブル詳細ボタン

 

キウォフハート概要

キウォフハート詳細ボタン

 

ハートガード(カルドメック)概要

ハートガード(カルドメック)詳細ボタン